整った輪郭で感じる羨望の眼差し|小顔でスタイルをよく魅せる

先生

若々しく保つために

女医

手術で顔の印象を変える

顔は第一印象で、太っていたり痩せて見えたりその人の印象を大きく左右します。隠すことが難しく、うまれ持っているのが顔なので、たるみや引き締めなど普段から気を付けないといけません。顔を小さく見せるのに最適なのは、整形による張り出したエラの修復です。美容整形ではボトックスを顎部分に注射することで筋肉が張っているエラを目立たなく自然な小顔ラインにすることが可能です。特に顎部分は歯をかみしめた時に耳の下が膨らんで、咬筋が発達しすぎてエラが膨らんでくるのです。大幅に顔の輪郭を変えたい場合は皮膚を切開して骨を削ることになるので、整形術後も流動食による食事などの制約があり、安静にしておかないといけません。手軽に小顔に見せたい整形なら筋肉を和らげるボトックスがお勧めです。脂肪を溶かす成分と代謝を促す薬を注射するだけでスッキリした小顔にすることが可能です。小顔効果は1か月で実感できますし副作用もなく傷跡も目立ちません。気軽にエラを小さくしたい、人に知られず自然に改善したい方には良いでしょう。整形治療後も普段通り食事など日常生活ができます。

顔のたるみをリフトアップ

小顔整形ではボトックス以外にもフェイスリフトという、顔の輪郭の皮膚を除去する手術もあります。ですが皮膚を切開するということに戸惑いのある方も多く、医師によっては術後不自然な仕上がりになることもあります。最近では皮膚を切開しないフェイスリフト手術が可能です。皮膚のたるんだ部分に細かい糸をいれて皮膚全体をリフトアップする方法です。皮膚のハリをうみ出しているコラーゲンを活性化させるのが目的です。糸でたるみを引き上げるのではなく、注射によって皮膚のハリを蘇らせて重力と老化で下がったたるみやしわを改善するものです。メリットは手術時間もわずか1時間ほど、切らないので術後から普段通りの食事や洗顔ができます。顔の印象も徐々に変わっていくので周りにも気が付かれません。女性の場合、法令線やたるみが目立ってきた場合は、このフェイスリフトがお手頃です。リーズナブルな料金であり、追加治療することによって部分的なケアのたるみは維持することが可能なので、小顔に見せたいけれど大きな手術は怖いという方にうってつけでしょう。

Copyright© 2016 整った輪郭で感じる羨望の眼差し|小顔でスタイルをよく魅せるAll Rights Reserved.