整った輪郭で感じる羨望の眼差し|小顔でスタイルをよく魅せる

先生

手術の種類と注意点

顔の治療

種類ごとに違う効果

美容整形にはメスを使う外科手術系とメスを使わないプチ整形系がありますが、小顔整形も同じように外科手術とプチ整形があります。骨格そのものを縮小するのが輪郭形成術です。エラ骨削り、あご骨の中抜き、V字カット、T字カット、セットバッグ、頬骨削りなどがあります。骨そのものを削ってなくすので、骨が再生しないかぎりは小顔効果が一生続きます。プチ整形ではボトックス注射、脂肪溶解注射などの注射系、代謝を高める光線を照射する脂肪分解マシン系があります。 ボトックス注射には、エラについた筋肉の働きを低下させる作用があります。エラの筋肉が発達した人に有効で、外科手術なしでエラをなくせます。料金は一回あたり1万円程度で出来ます。脂肪溶解注射や脂肪分解マシンを使えば、頬、顎、フェイスラインなどについた脂肪を除去できます。脂肪がなくなるだけでひとまわり小さい小顔になります。即効性はありませんが、ダウンタイムがなく、脂肪吸引手術よりもリスクが低くて安全性が高いプチ整形です。

小顔整形は生まれつき顔が大きい人が多い日本人に人気の手術です。小顔は美人の条件の一つとして定着しており、モデルはみんな小顔です。小顔になるだけでヘアスタイルやファッションが決まるようになります。人気の整形メニューだけにどこの美容外科でもできますが、手術をする限りは慎重にクリニックを選ぶことが大切です。美容外科は沢山ありますが、それぞれのクリニックで得意分野があります。最近ではプチ整形のほうを大々的にアピールしているクリニックが多く、輪郭形成の外科手術などは、大手クリニックでも手術に消極的になっています。輪郭形成をするなら、輪郭形成を得意としているクリニックや専門的なクリニックがおすすめです。外科手術なので全身麻酔が必要となり、しっかりした設備が整ったクリニックで手術をする必要があります。執刀する医師の実績やセンスも大事です。医師の表面的な経歴や実績はホームページで確認できますが、カウンセリングを受けて実物に接触してみて判断することが大切です。

Copyright© 2016 整った輪郭で感じる羨望の眼差し|小顔でスタイルをよく魅せるAll Rights Reserved.