整った輪郭で感じる羨望の眼差し|小顔でスタイルをよく魅せる

先生

理想の輪郭を手に入れる

整形

顔を小さくする方法

顔を小さく見せるメイクで小顔効果が得られますが、整形によって効果を得たいならさまざまな方法があります。顔が大きいのは単にエラが張っているというだけではありません。余分なエラが原因の場合は骨や筋肉を削る方法がひとつの手段となりますが、状態によってはメスを使用しない方法でも可能な場合があります。例えば、頬やあごに脂肪がついている場合は、脂肪溶解注射や脂肪吸引が可能です。脂肪溶解注射は、脂肪を溶かす薬剤を注入して痩身する方法です。脂肪吸引は、小さな穴をあけて脂肪を吸引する方法と、高周波を照射して脂肪を溶かすメスを使用しない方法とがあります。脂肪を落とすことで小顔効果が期待できる整形です。他にもボトックス注射があります。咬む筋肉が必要以上に発達していることによってエラが目立つ場合に利用できる方法です。プチ小顔整形術といわれ人気があります。咬筋にボトックスを注入することで咬む働きを弱め、筋肉の動きを和らげるというものです。徐々にフェイスラインがシャープになります。

最適な方法を

小顔整形といっても、求めるフェイスラインや顔の状態によって方法が異なる場合、選べる場合があります。自分にとってどの方法が最適かどうか、見極めてくれたり、さまざまな治療方法の中から提案してくれる医療機関を選ぶことがおすすめです。そしてそれぞれの整形方法のメリットとデメリットを理解しておきましょう。メスを使用しないプチ整形といわれるものは、傷跡の心配や感染症のリスクも軽減され、施術時間が短いことなどがメリットといえます。ただ、効果の持続期間が短いことが多く、繰り返し施術をすることで効果が持続するものもあります。逆に、切開する施術は、体に負担がかかりやすく、費用も高くなる傾向がありますが、最近は傷跡の目立たない施術も増えています。例えば、エラ削りは口腔内から切開することで、見た目の傷跡をつくりません。実際に話を聞いてみると、自分の考えているリスクを回避できる施術である場合があります。自分の悩みを理解し、最適な施術方法を提案してくれる医師に相談しましょう。

Copyright© 2016 整った輪郭で感じる羨望の眼差し|小顔でスタイルをよく魅せるAll Rights Reserved.